活性炭・食品添加物のセラケム株式会社

信頼を合言葉に21世紀を支える商品とサービスを・・

 会社案内  活性炭の製造販売  化成品事業  アレスヘルスケア  その他

概要・沿革
事業内容
組織
所在地(アクセス)

活性炭について
製品紹介
活性炭の再生・調製
工事サービス
受託加工事業
食品添加物受託
取り扱い商品
アレスショップ 品質への取り組み
お問い合わせ
リンク
利用条件
活性炭について

活性炭とは

  
 活性炭は、炭素物質または炭素を含む石炭や、ヤシ穀などを高温で炭化、賦活(活性化)して得られる無定形炭素の一種です。
賦活には通常、ガスや薬品が用いられ、これにより内部に微細な孔(直径10〜200Å、Å:オングストローム、1,000万分の1mm)が発達し広大な内部表面積をもつことになります。これが、強大な吸着力をもつ活性炭です。

 活性炭に似た物質として木炭などがあります。これは賦活の程度が低く細孔構造も発達していません。
したがって、吸着力も大変弱いものです。活性炭は高賦活炭といい、木炭等は低賦活炭といわれています。

 活性炭の主な成分は90%以上が炭素Cで、炭素以外には炭素と結合した少量の酸素、水素、硫黄などの元素や灰分などの夾雑物と水分を含有しています。不純物を取り除き、よく精製された活性炭は、食品添加物や医薬品目的としても利用されます。

  

賦活

  
賦活(フカツ)は炭素質原料の微細孔を発達させ多孔質に変える反応です。
活性化といえます。賦活には通常、薬品とガスが用いられます。

 (1)ガス賦活
    炭化した原料(ヤシ穀炭、石炭等)とガス(水蒸気、二酸化炭素、空気、燃焼ガス等)による高温
         (700〜1000℃)ガス化反応で、
           微細孔(直径 10〜200Å)を生成しさせるものです。活性炭製造の主流を占めています。


 (2)薬品賦活
    薬品賦活には塩化亜鉛、燐酸など、原料に対して脱水、浸食作用のある薬品や過マンガン酸カリウム
        などの酸化性を持つ薬品が使用されます。代表的な塩化亜鉛を例にあげると、塩化亜鉛は木質原料の
        セルロースを溶解して細孔を形成するものです。また、
          塩化亜鉛は炭化の際生成するタールも分解除去する作用があるといわれています。

活性炭の原料

  
炭素質の物質であれば基本的に活性炭の原料になりますが、入手の難易性、量、価格、賦活性が選択の根拠になります。
現在、世界で広く使用されている活性炭の原料は次の通りです。

粉末活性炭:オガ屑、木材チップ、素灰(木材炭化物)等

粒状活性炭:木炭、ヤシ穀、石炭等

  

活性炭の再生

  
使用済みの粒状活性炭は、リサイクル、環境保護、経済性、二酸化炭素の排出削減寄与のためにリサイクル(再生)されます。
活性炭への吸着物は主として有機物であるため、800℃前後の高温で蒸発または分解するため、再活性化できます。

 セラケムは専用の再生施設を所有しています。

 粉末活性炭について作業性、経済性など考慮すると効率が悪く再生していません。


  

Copyright © 2005 SERACHEM Co., Ltd. All Rights Reserved.