活性炭素事業

活性炭素事業

内部に多数の微細な孔をもつ炭素素材の活性炭は、多様な物質を吸着する能力が高く、各種水処理および排ガス処理などに活躍しています。

当社は専業メーカーとして、長年蓄積した炭素材の化学技術と有数の経験を生かし厳選された原料を用いて活性炭を製造販売しております。

その品質は浄水場、工場排水設備、下水処理設備をはじめゴミ焼却設備など幅広いさまざまな分野で高い評価をいただいています。

活性炭の選定も、当社の豊富な実績と経験からなる技術力でお客様のニーズにあわせた特注品もご用意できます。 当社営業部門へ、お気軽にご相談ください。


関東工場

破砕状活性炭
破砕状活性炭
ヤシ殻や石炭などを原料に作られる破砕状活性炭は主に浄水場、排水処理場や食品加工、溶剤の精製などの液相処理に利用されています。
成形活性炭
成形活性炭
ペレット状に成形した活性炭で、直径約1mm〜7mm程度の各種サイズがあります。
主に、揮発性有機化合物(VOC)吸着、悪臭物質除去などのガス処理に利用され用途・設備によりサイズを選定します。
粉末活性炭
粉末活性炭
浄水場、排水処理設備、ゴミ焼却設備など活性炭の吸着特性を活かし、あらゆる場面で利用されています。
効率よく大量処理する場合に利用されています。

活性炭保管 使用上の注意

  • 使用の際には、粉塵対策のため、防塵マスク、保護メガネ、ゴム手袋などを着用してください。
  • 袋内の圧力変化により、固まったり、開封時に微粉が吹き出すことがありますので注意してください。
  • 作業場の換気を十分に行い、粉塵を吸い込まないようにしてください。吸着塔内等の密閉された場所での取り扱いは、酸素欠乏状態になることがあります。密閉された場所に入るときは、労働安全衛生法に従ってください。
  • 取り扱い後は、手を良く洗い、口をすすいでください。
  • 飲み込んだ場合は、口をすすいで、医師の手当てを受けてください。
  • 眼に入った場合は、こすらず、水で十分洗い流して、医師の手当てを受けてください。
  • 皮膚に付着した場合は、水で十分洗い流してください。異常があれば、医師の手当てを受けてください。
  • 吸入した場合は、空気の新鮮な場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息してください。異常があれば、医師の手当てを受けてください。
  • 直射日光を避け、水濡れに注意し、火気の付近を避けて湿気の少ない屋内で保管してください。
  • 10トン以上の保管は、消防法の指定可燃物扱いになります。
  • 詳細は、安全データシート(SDS)を参照してください。

製品に関するお問い合わせ

東京本社
03-5816-6155
大阪営業所
06-6462-4851
お問い合わせフォーム